Revenue Recovery サービスなど、Pacvue のコマース・ソリューションをご覧ください。

さらに詳しく

への道をナビゲートするRevenue Recovery 

Amazonのリテール・メディア・ランドスケープにおける影響力は否定できず、全世界で約970万人のセラーを誇っている。この膨大な数は、同プラットフォームのグローバル・リーチと激しい競争環境の両方を裏付けている。これらの出品者のうち、15万人以上が年間10万ドルを超える売上をあげており、Amazon 、中規模から大規模の企業顧客にアクセスし、大きな収益を上げるための最高のプラットフォームであることを裏付けている。しかし、消費者がシームレスな体験を享受できる一方で、Amazonのプラットフォームを利用するベンダーやセラーは、複雑なルールのために、利益率の管理と維持という継続的な課題に取り組んでいる。  

会計やロジスティクスのミスは、ベンダーやセラーに異常な手数料や罰金をもたらし、ブランドの収益に大きな影響を与えることが多い。このような利益漏れは企業の成功にとって大きな脅威であり、多くの企業は誤った請求や罰金を追跡、管理、是正するための手作業に貴重な時間を費やしている。こうした問題への対処を怠れば、ブランドは数十万ドル、いや数百万ドルもの資金を失うことになりかねない。 

この記事では、意思決定者や実務担当者が直面する、失われた収益を取り戻すためのハードルを探る。また、自動化技術と業界の深い専門知識の強力な組み合わせを活用することで、Amazon ベンダーとセラー間の利益漏れに取り組む戦略を提案する。さらに、注意すべき4つの主要なベンダー紛争のタイプと、自動化されたチャージバックおよび払い戻しツールの活用のメリットについても概説します。 

Amazon「マーケットプレイス」の課題 

財務チーム、アカウントマネージャー、サプライチェーンマネージャーなどの意思決定者にとって、Amazon 、未払い残高やマーケットプレイス手数料の可視性の欠如がもたらす課題は重大である。未払金額が不明確だと、未払いの手数料が未解決のままとなるため、財務上の非効率が生じる。時間的な制約がさらに問題を複雑にしている。というのも、Amazon's にクレームを提出する機会は限られており、これは地域やクレームの種類によって異なるからである。照合作業は手作業で行われるため、複雑さが増し、ミスの可能性や最適化の機会を逃す可能性が高まる。 

さらに、各発注書の出荷、請求書、控除、最終的な支払いにわたる集計データの欠如は、財務管理にさらなる障害をもたらす。 

在庫管理の慣行や予期せぬ請求や罰金に起因する収益の損失も、差し迫った懸念事項の一つである。在庫を追跡し、回収するための手作業で時間のかかるプロセスは、問題を増幅させ、紛争の期限を逃し、さらに財務的な後退につながる。ロジスティクスのタイムライン内で在庫の不一致に効果的に対処できないことは大きな課題であり、収益損失のリスクを軽減し、タイムリーな紛争解決を確保するための合理的な在庫管理ソリューションの必要性を浮き彫りにしている。 

への道Revenue Recovery 

Amazon への収益損失は、多くの組織にとって共通の課題である。利益漏れを認識することは、効果的に対処するための第一歩である。小売業界で勝ち残っているブランドは、Pacvue CommerceのRevenue Recovery 機能のようなツールを導入しており、失われた収益を回復するプロセスを合理化・自動化している。このような積極的なアプローチは、収益損失を最小限に抑え、収益性を最大化しようとする組織にとって不可欠である。 

様々なベンダー紛争のタイプを理解し、効果的な管理戦略を実施することは、この分野における課題を克服しようとするブランドにとって極めて重要である。 

4 ベンダー紛争の種類とPacvue がプロセスを簡素化する方法 

生協の不一致 

発生控除は、ベンダーとAmazon との間の生協契約と一致していない。  

Pacvue プロセス当社のテクノロジーは、Co-op契約の照合を自動化し、過大請求額を検出することで、正確性を確保し、人的ミスを排除します。その後、当社のサービス・チームが過大請求額について異議を申し立て、Amazon 、承認または否認のための調査が行われる。承認された金額は1~2週間以内に払い戻され、2年間という限られた期間内に最大限のリターンを得ることができる。 

価格請求 

PO/請求書に記載されたASIN価格と、Amazon'からベンダーに支払われたASIN価格との差額。  

Pacvue プロセス 当社のテクノロジーは、過去のすべての価格差異を自動的にレビューし、同じベンダーコードの価格変更履歴を比較して不一致を特定します。真正な価格差異が検出されると、紛争が自動的に提出されます。Amazon その後、調査し、紛争を承認または拒否します。否認された場合、Pacvue オートメーションはAmazon ケースチケットを提出する。承認された金額は、1~2週間以内に払い戻されます。過去の履歴の長さに関係なく、すべての紛争が払い戻されるように、無制限のルックバック・ウィンドウが設定されています。 

インボイス不足 

ベンダーが出荷したユニットと、Amazon が受け取ったユニットとの差額。  

Pacvue プロセス 過去の欠品インボイスはすべて自動的に審査され、クライアントはBOL/PODを提供するオプションがあります。Amazon が在庫を調査し、不足数量が発見された場合、紛争は承認される。否認された場合、Pacvue オートメーションはAmazon ケースチケットを提出します。クライアントはBOL/PODを提供するかしないかを選択することができ、無制限のルックバック・ウィンドウにより、過去の長さに関係なく、すべての紛争を確実に取り戻すことができます。 

チャージバック 

Amazon は、営業方針違反によりベンダーに罰金を課す。  

Pacvue プロセス Pacvue サービスチームが最新の 30 日間のチャージバックを確認、調査し、無効な請求を特定し、収集した証拠とともに異議申し立てを提出します。Amazon は異議申し立てを調査し、承認/拒否を行い、承認された金額は 1-2 週間以内に払い戻されます。このプロセスは30日間の異議申し立て期間内に行われます。 

Revenue Recovery 、誰が恩恵を受けるのか?  

財務マネージャー 

財務の正確性とコンプライアンスを確保するには、正確な会計処理が必要である。収益照合のコストとプロセスを理解し、紛争の種類に応じた自動化ソリューションを設定することが不可欠である。 

請求書控除の可視性を高めることで、ブランドは利益漏れやASINレベルの損益をよりよく理解することができる。このレベルの透明性により、ブランドは情報に基づいた意思決定を行うことができ、Amazon'の会計エラーに起因するマージン損失を大幅に削減することができます。さらに、合理化されたプロセスにより、収益の追跡と回収に必要なリソースと費用が節約されます。 

アカウント・マネージャー 

Amazon進化し続ける要件やプログラムに対応し続けることは、時間のかかる営業関連の手作業と相まって、ブランドの成功を築く上で重要である。様々なAmazon 、全体的な営業タスクを同時に管理することは重要な課題であり、ビジネス全体の効率とレポート機能を最適化する合理的なプロジェクト管理ソリューションの必要性が浮き彫りになっている。
 

一流ブランドは、revenue recovery の紛争を管理するための包括的かつ集中化されたプラットフォームを活用している。このプラットフォームは、パフォーマンスとステータスを明確かつ統合的に表示することができる。正確な追跡と効率的なリソース配分により、ブランドは業務を合理化し、収益性を高めることができる。Revenue Recovery 、紛争プロセスを最適化するための高度な自動化技術と専門家の洞察力を活用することで、失われた資金を回収する機会を特定する能力が際立っている。これにより、紛争解決の成功率が高まり、最終的に収益が強化され、ビジネスの全体的な価値提案が豊かになります。 

サプライチェーンマネージャー 

手作業によるデータ収集と複雑な照合プロセスは、サプライチェーンの誰にとっても負担の大きい作業です。ロジスティクスのタイムライン内で在庫の不一致に対処するという課題は、合理化された在庫管理ソリューションの重要性を強調している。これらのソリューションは、収益損失のリスクを軽減し、タイムリーな紛争解決を促進するために不可欠です。 

統合されたダッシュボードは、サプライチェーンマネージャーに貴重な洞察を提供し、会計とrevenue recovery の合理化と効率化を実現する。自動化により、請求書の不足やチャージバックなどの不一致を迅速に解決し、時間を節約してプロセスの有効性を高める。AIとML技術の活用は、revenue recovery を加速させ、戦略的イニシアティブと効率改善のためのリソースを解放する。 

結論 

日進月歩のeコマースの世界では、Amazon のようなプラットフォーム上の販売者やベンダーは、複雑なルールのナビゲートから、会計エラーや予期せぬ手数料との格闘まで、無数の課題に直面している。このような利益漏れは、収益に影響を与えるだけでなく、全体的な成功にも大きな脅威となる。財務チームやサプライチェーンマネージャーなどの意思決定者にとって、未払い残高や市場手数料の可視性の欠如は、さらに複雑なレイヤーを追加し、財務の非効率性と最適化の機会を逃すことにつながる。 

しかし、Pacvue CommerceのRevenue Recovery 機能のような革新的なソリューションは、ブランドが財務を管理し、回収プロセスを合理化する力を与えている。様々なベンダーの紛争タイプを理解し、効果的な管理戦略を実施することで、ブランドは利益損失を最小限に抑え、収益性を最大化することができる。請求書控除の可視性を強化し、revenue recovery 紛争を管理するための一元化されたプラットフォームにより、ブランドは情報に基づいた意思決定を行うことができる。自動化とAIおよびML技術の活用により、revenue recovery への道のりはより効率的になり、戦略的イニシアチブと効率性向上のために貴重なリソースを解放することができる。 

さらに詳しく 

PacvueのチームとAIによる自動化によってサポートされる無料監査を通じて、潜在的な利益回復の可能性を引き出します。 

当社のエキスパートによるデモを今すぐ予約して、簡単な4ステップのオンボーディング・プロセスをご覧いただき、Revenue Recovery への旅を始めてください。 


著者

受賞歴