Revenue Recovery サービスなど、Pacvue のコマース・ソリューションをご覧ください。

さらに詳しく

Amazon プライムデー2024に勝つためのトップ戦略 

Amazon 2024年のプライムデーが間近に迫ってきた。まだ日程は確定していないが、プライムデーは7月中旬になりそうだ。  

昨年は、48時間のプライムデーが過去最大のイベントとなり、米国での売上高は前年比6.1%増の127億ドルに達した。全世界では、プライム会員が3億7500万点以上の商品を購入し、25億ドルを超える節約を楽しんだ。 

ここ数年がその兆候であるとすれば、2024年のプライムデーはかつてないほど大規模になることが予想されるため、プライムデー戦略についてチーム全体で足並みを揃えることが重要だ。売上増加、古い在庫の一掃、新商品のプロモーション、新規顧客の獲得など、目的が何であれ、目標は具体的で測定可能なものでなければならない。  

2024年のプライム・デーで貴社の可能性を最大限に発揮できるよう、今後数ヶ月間にわたり、情報を提供するための記事をシリーズでお届けします。今回は、7月のプライムデーを成功に導くために今すぐ実行できる戦略をご紹介します。  

リスティング広告の最適化 

ブランドにとって、有益で説得力があり、最適化されたコンテンツを持つことは、消費者の意思決定に影響を与えるために不可欠です。ここでは、より良いコンテンツを作成し、ブランドの認知度を高めるために注力すべき分野をいくつか紹介する。  

キーワード・リサーチ 

徹底したキーワード調査は、商品リストを最適化するための重要なステップです。商品タイトル、箇条書き、説明文にボリュームのあるキーワードを戦略的に盛り込み、視認性を高めましょう。ASIN PATリサーチツールを活用することで、ベストセラーランク、販売量の履歴、レビュー、競合上位のASINリストなどの実用的なデータをブランドに提供することができます。キーワードのターゲティングと、視覚に訴える有益なコンテンツの作成との間でバランスの取れたアプローチを維持することで、シームレスなショッピング体験を提供することができます。  

Amazon A+コンテンツ 

商品リスト用にA+コンテンツを作成することは、ブランドを競合他社から引き離し、潜在顧客とつながるための効果的な方法です。このツールにより、ブランドは詳細なテキスト、複数の画像、モジュールで商品説明を強化し、消費者に商品の利点をより深く理解してもらうことができます。明確な説明文は、消費者が十分な情報を得た上で購入の決断を下せるようにし、コンバージョンの向上と返品の減少につながります。A+ Contentはまた、ブランドが自社のストーリーを紹介し、ブランド認知度を高め、顧客ロイヤルティを構築する機会を提供します。  

デザイン&コピー 

ブランドがプライムデー戦略を微調整する際には、商品を効果的にアピールする魅力的なビジュアルを作りましょう。プライムデーの時期を考慮し、夏の季節に響くイメージを活用しましょう。明るく、楽しく、アウトドアなイメージは、ブランドがオーディエンスとより強い感情的なつながりを築き、エンゲージメントを高め、コンバージョン率を上げるのに役立ちます。  

商品の特徴を強調し、画像や動画をテキストと組み合わせて包括的な詳細を提供することで、消費者がブランドの商品についてより理解しやすくなります。文法的に正しく簡潔な説明文やタイトルを書くことで、商品への視認性を高めるとともに、高品質の画像、動画、グラフィックを使用することで、注目を集め、クリック率を高めることができます。 

監査と最適化 

時間をかけて商品リストを監査し、最適化することは、プライムデーに備えるための重要なステップです。商品タイトルに重要なキーワードを含める、箇条書きを活用する、高解像度の画像や商品動画を含める、最新のコンテンツを確保するなど、前のセクションのステップを踏んでいれば、ターゲットオーディエンスの注目を集め、クリックをコンバージョンにつなげる態勢は整っているはずだ。  

商品リストの監査と最適化が完了したら、次のステップは、Amazon ブランドストアにプライムデーのプロモーションとオファー専用のページを作成することです。これについては次のセクションで説明します。  

適切なプロモーションを活用する 

プライムデーに向けて、どのようなプロモーションがあるのか、またどのプロモーションが自社ブランドに最適なのかを明確に把握しておくことが重要です。この夏、あなたのブランドが活用できるプロモーションの種類をいくつか探ってみよう。  

ライトニング・ディール 

ライトニング・ディールは、わずか数時間の期間限定割引で、商品が売り切れ次第終了となる。ライトニング・ディールを活用することで、ブランドは新規顧客を獲得し、Amazon のオーガニック検索での掲載を増やし、コンバージョン率を向上させることができる。また、コストがかかることもある。製品の割引価格に加え、ブランドはプロモーションの開催費用も支払わなければならないため、ROIが低下する。包括的なプライムデー戦略の一環としてライトニングディールを利用することは、このような短期的なプロモーションだけに頼るよりも効果的な方法である。  

本日のお買い得品 

これらの24時間ディールは、Amazon で非常に目につきやすく、多くのユニットを動かしたいブランドや、商品やブランドの認知度を高めたいブランドに最適です。これは、Amazon が提供する最もインプレッションの高いディールですが、ユニットあたりのコストも高くなります。  

プライム・エクスクルーシブ  

これらの割引はプライム会員のみが利用でき、検索結果やプライムデーなどの目玉イベントに表示されます。プライム会員限定割引が適用された商品オファーは、購入ボックスの通常価格を消して割引価格が表示され、ブランドにとってコンバージョン率とクリックスルー率の向上につながります。  

クーポン 

すべての商品がクーポンの対象となり、ブランドページ、商品詳細ページ、または顧客のカート内に表示されます。クーポンは、検索ページや広告ページでの視認性が高いため、クリック率を高める低コストな方法です。

プライムデーに備える5つのタスク 

この記事で取り上げたように、早めに準備を始めることが、ブランドにとってスムーズで効率的なプライムデーを実現する最善の方法です。早めに計画を立てることで、消費者行動の変化に柔軟に対応することができます。ここでは、ゲームを先取りするために今週実行可能な5つのステップをご紹介します。  

  1. テストして学ぶ:プライムデーまでの数ヶ月間、カスタムの見出し、商品説明、視聴者ターゲティング、画像、スポンサーブランド動画などを試して、何が反響を呼ぶかを確認する。Amazon によると、Sponsored Brand Videoキャンペーンは、異なる広告タイプに比べてクリックスルー率が高い。画像作成にジェネレーティブAIをテストすることで、クリエイティブのアウトプットを高める。AIを活用することで、ブランドの認知度を高め、コンバージョンを促進する魅力的なスポンサード・ブランド画像の作成プロセスを効率化することができます。  
  1. ターゲティングセグメントの見直し:キャンペーンを最適化しやすくするため、より詳細なセグメントを作成することで、各オーディエンスや新規ブランド顧客に対して、より優れたターゲティングを行うことができます。AMCオーディエンスを使用してDSPキャンペーンで使用するカスタムオーディエンスを作成することで、さらに一歩進めます。このツールでは、ブランドの目的に合わせたカスタムオーディエンスを作成できます。例えば、広告を表示した後に特定のキーワードを探索したユーザーや、購入を完了せずにカートを放棄したユーザーで構成されるオーディエンスを作成できます。  
  1. ブランドストアにキャンペーンを誘導: スポンサードブランドキャンペーンを個々のASINではなくブランドストアに誘導する。スポンサードブランドキャンペーンをブランドストアにリンクさせることで、商品リストページにリンクさせるよりもROASが向上します。 ‍ 
  1. ブランドストアとプライムデーのコンテンツを更新しましょう:ブランドストアの変更を前もってスケジュールしておけば、ギリギリになって更新が間に合わなくなる心配がありません。プライムデーに特化したコピーや、宣伝しているASINを強調する画像を含めることを検討しましょう。 ‍ 
  1. プライムデーの予算を計画する:事前に全予算を決定しておくことで、48時間の期間中に柔軟に予算を調整し、新たなチャンスを活かすことができます。PacvueのDaypartingやBudget Managerのようなツールを活用すれば、広告パフォーマンスを簡単に最適化できます。これらのツールは自動入札調整を可能にし、コンバージョンの低い時間帯には入札額を下げ、ピーク時には入札額を上げることができます。入札戦略をリアルタイムで微調整することで、より多くのコンバージョンを獲得し、広告費の効率を高めることができます。  

さらに詳しく 

あなたのブランドがプライムデーを勝ち抜くための戦略については、数週間後にまたご紹介します。また、Pacvue プラットフォームの詳細と、私たちのチームがどのように御社のブランドを数十の小売業者に拡大するお手伝いをできるかについては、今すぐお問い合わせください。 


受賞歴