Pacvue 、新しいAIコマースコンパニオン「Copilot」を含む最新のAIイノベーションをご覧ください。

さらに詳しく

ピュブリシスメディアは、Pacvue ソリューションを活用し、新規ブランドへの発注を増やすことで、ロレアル社の売上を140%増加させた。

概要 

世界的な化粧品大手、ロレアルの広告を監督する著名なマーケティングエージェンシー、Publicis MediaはPacvueのプラットフォームを活用し、その取り組みに革命をもたらした。キャンペーンのパフォーマンスを最適化し、重要な販売イベント時の予算外支出を抑制し、競合キーワードでのブランドカニバリゼーションを軽減しました。Publicis Mediaは、ルールベースの予算管理自動化、デイパーティング、スポンサードブランドとDSP間の戦略的予算配分を活用した多面的な戦略を実施しました。その結果、売上が増加し、コンバージョン率が向上し、ROASが最大化され、ブランドへの新規注文が53%増加しました。

ソリューション 

Publicis Mediaは、3つの大きなハードルに直面していた。それは、同じようなカテゴリーに属する28のブランドのキャンペーンを最適化すること、プライムデーのような重要な販売イベント時の支出をコントロールすること、そして競合キーワードでのブランド競争に取り組むことだった。これらの課題から、広告戦略を効果的に高めるための革新的なソリューションを模索することになった:

ルールベースの予算管理の自動化:Publicis Mediaは、Pacvueの自動化を活用し、重要な時期に支出を増やし、最大限の効果を確保した。 

デイパーティングの実施:デイスパーティングを活用することで、顧客が最も購入しやすい時間帯に広告費を振り向けることができた。 

予算配分の変更:Publicis MediaはDSPからSponsored Brandに予算を再配分し、Amazon Marketing StreamとAmazon Marketing Cloudのインサイトを活用して、ボトムオブファネルのコンバージョンを強化した。 

結果 

これらの解決策を実施した結果、目覚ましい成果が得られた: 

  • 売上140%増。 
  • コンバージョン率を63%大幅に改善。 
  • ROASは40%急増。 
  • ブランドへの新規注文が53%増加した。 

受賞歴